横浜市保土ケ谷区のくぬぎ台小学校コミュニティーハウスへようこそ

自主事業のお知らせ

自主事業のお知らせ

red''平成25年度の自主事業の案内
   4月14日(日):春・桜の相州道を歩く〔終了〕
   4月20日(土):くぬぎ台スプリングコンサート
   5月26日(日):初夏の観葉植物アレンジ
   6月22日29日7月6日(土):簡単・可愛いパッチワーク!
   6月23日(日):懐かしの横浜・映像散歩
   7月14日(日):くぬぎ台レインボーコンサート
   7月20日(土):コラージュでティーマット
   8月31日(土):牛乳パックでカルトナージュⅡ
   9月29日(日):くぬぎ台オータムコンサート
  10月13日(日):くぬぎ台グラウンドゴルフ大会
  10月19日(土):人形劇と歌あそび
  11月10日(日):ビーズで小物作り
  12月 7日(土):くぬぎ台クリスマスコンサート
  12月15日(日):お伊勢さん風正月飾り
   2月  日(日):早春の寄せ植え
   2月  日(土):楽器を持ち寄りみんなで合奏しよう
   3月  日(日):くぬぎ台さくらコンサート

 

平成25年度の自主事業の報告

4月14日(日):『春・桜の相州道を歩く』

ソメイヨシノは3月のうちに散ってしまいましたが、歴史散策の中で、八重桜や藤の花・ハナミズキ・ヤマブキ・シャガ・ツツジなど、たくさんの花々に巡り会うことができました。少し風が強かったのですが、おかげでそれほど暑いこともなく、予定通りの時間で春のウォークを楽しむことができました。とても詳しくガイドくださった旭ボランティアガイドの山田さん、鈴木さん、大変ありがとうございました。写真をコミュニティの玄関内に掲示してありますので、どうぞごらんください。

平成24年度の自主事業の報告

3月9日(土):はまっ子ふれあいスクール共催『くぬぎ台小お別れコンサート~アルフェッカの皆さんをお迎えして~』

 くぬぎ台小学校が川島小学校と統合され、新しい小学校として生まれ変わることになりました。はまっ子ふれあいスクールからは、これまでに特別活動で作った作品をたくさんプレゼントしていただきました。また、共催で「保土ケ谷区の紙芝居」などの自主事業を組んで実施させてもらってきました。これまでのお礼の気持ちをこめて、お別れコンサートを計画し、子ども達やスタッフの方々の希望を汲んで曲の選定をしました。
 アンサンブル・アルフェッカの皆さんには、いろいろと無理を聞き入れていただき、今回のコンサートが実現しました。「くぬぎ台小学校校歌」や「翼をください」「BELIEVE」、館長指導の「シャローム」、「ルパン3世のテーマ」「贈る言葉」「ありがとう」「また会える日まで」などを、一緒に楽しむことができました。クイズコーナーも盛り上がり、くぬぎ台小にかかわる問題だったので、ほとんど子ども達が答えて賞品をもらって喜んでいました。
 お世話をかけましたはまっ子ふれあいスクールの職員の皆様、新たな曲にたくさん挑戦していただいたアルフェッカの皆様、本当にありがとうございました。

2月9日(土):『持ち寄った楽器で合奏を!』

保土ケ谷区生涯学習音楽指導員の田口恒子先生に、昨年に続いてご指導いただきました。参加者が7名とちょっと少なかったのは残念でしたが、アルトリコーダー、オカリナ、ハーモニカ、ミュージックベル、カスタネットをそれぞれお持ちよりいただきました。田口先生が用意された曲は、「ドレミの歌」と「世界に一つだけの花」の2曲。皆さん集まるやすぐ練習に取り組まれ、2時間があっという間のようで、立派に合奏されて楽しまれていました。館内に写真を掲示してありますので、どうぞごらんください。

1月26日(土):『人形劇と歌あそび~「十二支のはじまり」ほか』

当コミュニティハウスの研修室を練習場所としてご利用されている、夢ふれんどの皆さんに今年度2回目のご出演を頂きました。
いつものように、とても可愛らしい人形たちがたくさん登場して、子どもたちを喜ばせました。歌あそびは、「10匹の野ねずみ」「大寒・小さむ」「うさぎとたぬき」の3曲をお楽しみいただきました。人形劇「十二支のはじまり」では、十二の干支が決まるまでを、順を追って分かりやすく演じてもらいました。
終わった後の人形たちとのふれあいタイムもすっかり定着し、よりいっそう楽しいひとときをお過ごしいただけたようです。

1月19日(土):『新春コンサート~琴と尺八の美しい調べで新年を祝いましょう』

とてもいいお天気に恵まれて、新春コンサートを実施することができました。清水千佳代さんと清水蓬山さんご夫妻の域の合った演奏と和やかな雰囲気の中、琴と尺八の美しい音色に酔いしれながら、とても優雅なひとときを過ごさせていただきました。14日の大雪で、新春ムードを吹き飛ばされた感じでいましたが、今一度新春気分に浸りながら、今年一年が幸多き年となりますように心で念じ、28名の参加者の皆様と一緒にコンサートを楽しませていただきました。清水様ご夫妻、お忙しい中ご出演いただきまして、誠にありがとうございました。

12月16日(土):『新年を迎える玄関飾り』

当日、コミュニティハウスが衆議院議員選挙の投票場所となったため、くぬぎ台小学校の4階図工室をお借りして、自主事業を予定どうりの日時で実施いたしました。参加者の皆様には、4階まで上がっていただき大変だったかと思いますが、図工室は日当たりがよくとても明るく、大きなテーブルで和気藹々と向かい合って作業が進みました。今回も、鶴ヶ峰アプレミディの関本富美代さんを講師としてお招きし、とても素敵な玄関飾りが作り上げられていきました。助手の清水さん、中村さん、スタッフの大戸井さんも、ご支援ありがとうございました。

12月9日(土):『クリスマスコンサート~ゴスペルの歌声で楽しいひとときを』

出演は、子育て中のお母さん方が集まって2006年に結成されたグループ「ブリーズ」の9名の皆様。とても美しいハーモニーで、参加いただいた36名の方々に、ゆっくりと楽しんでいただきました。休憩後の後半では、クリスマスソングメドレーなど「皆さんで歌うコーナー」もご用意いただき、和やかな雰囲気に包まれました。アンコールにも、2曲の素敵な曲目をご披露くださり、最後も盛り上がりました。ブリーズの皆様、ありがとうございました。来年度も、是非ご出演よろしくお願い致します。

11月4日(日):『秋の寄せ植え~意外な魅力、葉ボタンとお花の寄せ植えアレンジ~』

講師は、寄せ植えでお馴染みになりました鶴ヶ峰の花屋アプレミディを経営されている関本富美代さん。今回は、背丈や彩の違った葉ボタンと可愛い花・葉物を組み合わせる秋の寄せ植えです。いつも苗選びに時間がかかるのですが、今回はすんなりと進んで作業もどんどんはかどりました。同じような作品に仕上がるかと思いきや、それぞれ意外な面白みのある表情に出来上がっており、皆さん自分の出来栄えに満足そうな様子にお見受けしました。お家に持ち帰って、玄関先などを素敵に彩る一品となったようです。

10月28日(日):『和紙ちぎり絵:秋~かごに入った栗や葡萄~』

講師は、旭区生涯学習アドバイザーの本多和美さん。本多さんには、サフィニアヨコハマのリーダーとして、22年度・23年度と続けてマンドリンのコンサートにご出演いただいたご縁があります。今回、本多さんの多彩な技能の中から、和紙ちぎり絵を教えていただこうと計画したものです。秋も深まりかけた10月の下旬、「かごに入った栗や葡萄」を色紙の中に表現していきました。和紙をちぎるのには結構力が要り、皆さん真剣に作業を進められていました。本多さんのお手本を基に、自分のオリジナルを加えながら、皆さんとても素敵な作品に仕上げていらっしゃいました。

10月14日(日):『秋の白根道の史跡を巡る』

天気予報が外れて、曇り空の下でのスタートとなりました。今回も、川島原地区青少年指導員協議会の協賛、旭ガイドボランティアの協力を得て実施することができました。12名と参加者が少なかったのですが、ガイドの斎藤さん・山田さんを入れて7名ずつ2グループに分かれて巡りました。鶴ヶ峰駅横から帷子川親水緑道の緑のトンネルを抜け、鶴ヶ峰坂から白根正円寺へ。数々の白根道沿いの史跡を巡り、上白根大池公園へ到着しました。その後、中堀側プロムナードを経て、上白根コミュニティハウスにて解散。パラパラっと小雨にも降られましたが、楽しいウォークとなりました。ガイドの斎藤さん、山田さん、どうもありがとうございました。

9月9日(日):『お月見コンサート~ピースオブマインド一座~』

ピースオブマインド一座の5名のメンバーをお迎えして、残暑厳しい中でのコンサートでしたが、参加された45名の皆様には、とても楽しいひとときをお過ごしいただくことができました。サックス・エレクトーン・ボンゴ・オカリナ・フルートと、5つの音色が館内に心地よく響き、第一部7曲、第二部9曲、アンコール2曲の計18曲を、たっぷりお楽しみいただきました。第二部の後半は「みんなで歌うコーナー」で、皆さん気持ちを揃えて「見上げてごらん夜の星を」「ふるさと」などを、和やかなムードの中で歌いました。帰り際の皆さんの表情が、とても満足気な笑顔にあふれていたのが印象的でした。
ピースオブマインドの皆さん、ありがとうございました。そして、また来年もどうぞよろしくお願い致します。

9月5日(日):『紙芝居一座えかたりーべ~保土ケ谷の昔話とクイズ~』

くぬぎ台小学校はまっ子ふれあいスクールとの共催で行いました。はまっ子の子どもたちがたくさん参加してくれて、景品付きのクイズコーナーでは大変盛り上がりました。えかたりーべの皆さんには、紙芝居保土ケ谷の昔話「北向き地蔵」「祐慶坂と十三品塚」「お釜だ様」に加え、愉快なパネルシアターも準備いただき、楽しいひとときを過ごさせてもらいました。保土ケ谷区の地図で場所を確かめ、地域の昔話と歴史に触れる時間を持つことができました。紙芝居一座えかたりーべの皆さん、本当にありがとうございました。

8月26日(日):『牛乳パックでカルトナージュ~牛乳パックと布・レースで作るエコで楽しい手芸~』

くぬぎ台小学校コミュニティハウスの夜間スタッフ大戸井幸さんが講師を務めました。準備で牛乳パック200枚を切り開き、材料を2カ月がかりで揃えてもらいました。
もともとカルトナージュとは、「厚紙を組み立てた箱に、お気に入りの布を貼って作るフランスの伝統工芸」ということです。30名の参加者は、説明を真剣に聴き丁寧に作業を進めて、とても素敵な六角形の小物入れに仕上げていました。コミュニティの玄関を出る際に、「楽しかったわぁ。」という声が聞こえたのが、とても嬉しく心に残りました。
準備から一緒にお手伝いいただいた助手の清水さん・中村さんも、どうもありがとうございました。

7月7日(土):『人形劇と歌あそび~おおかみとこやぎたち他~』

くぬぎ台小学校コミュニティハウスの研修室を使って日頃の練習を行っている夢ふれんどさんに、今回は「夏」をテーマにした歌あそびを組んでいただき、七夕の日に実施いたしました。もちろん歌あそびには、「七夕」もあり、取り立ての笹もご用意いただき、飾りを人形たちが取り付けるという趣向を凝らしてありました。「花火」や「海」も背景が工夫されていて、オープニングの「10匹の野ねずみ」と併せて、楽しい盛りだくさんの歌あそびでした。
一方人形劇の「おおかみとこやぎたち」は、人形たちが可愛らしく背景も豊かでした。子どもたちに大人気のおおかみが登場し、こやぎたちのお母さんが大活躍する中でお話が展開して、無事こやぎたちが救出され、メデタシメデタシ!

7月1日(日):『サマーコンサート~楽しいひとときをフルートアンサンブル・グロウスと~』

和田町音楽学院フルート科出身のメンバーで、2006年にグロウスを結成。音楽ボランティアとして、保土ケ谷区を中心に病院、老人ホーム、ケアセンターなどを訪問して演奏活動をされているグループです。オープニングの「赤い靴」に続いての前半は、「フルート協奏曲」などの名曲5曲で、フルートの美しい響きを楽しませていただきました。
後半は、「夏の思い出」に始まり、「ふるさと」までの9曲を、皆さんで歌うコーナーにして、懐かしい情緒あふれる曲を一緒に歌ってお楽しみいただきました。「心にやさしく届く」をモットーにしていらっしゃる通りの演奏ぶりでした。

6月16日(土):『横浜商大高校 和太鼓コンサート』

旭区白根にある横浜商大高校から、顧問の荒井先生と30名の部員の皆さんが、前日のうちに和太鼓などの大量の道具を運んでくださいました。
当日は、くぬぎ台小学校の体育館にお越しいただいた113名の観客の皆さんを前に、顧問の荒井先生、部長さんの挨拶と続き、早速力強い演奏が展開されました。
曲の内容についてもメンバーから一つ一つ紹介があり、グループが入れ替わりながら、熱い演奏が続き、力強い和太鼓の音が体育館に響き渡りました。観客のの皆さんは、演奏してくれた和太鼓部のメンバーから元気をもらい、明るい笑顔で会場を後にされました。

6月10日(日):『誰でも参加できる楽しいグラウンドゴルフ大会』

前日の夜まで降り続いた雨も止み、梅雨の晴れ間の日差しの下、55名の参加を得て無事グラウンドゴルフ大会を開催することができました。
川島原地区スポーツ推進委員連絡協議会の皆さんによる審判・運営で、8ホール2ラウンドの熱戦が展開されました。開始早々にホールインワンが出るなど、素晴らしいスコアでゲームが進行していきました。
皆さん日頃の力を存分に発揮され、男女各3位までの成績を収めた方に、賞状と賞品が手渡されました。

5月27日(日):『コラージュを楽しみませんか』

「コラージュってな~に?」フランス語で、糊付けを意味する言葉ということです。
今回は、ブログで「お気楽yurimamaのお気に入り」を開設し、いろいろな作品を紹介されている堀田由里子さんを講師に迎え、30名の参加者で和気あいあいと楽しい箱作りに取り組みました。
皆さん材料選びから真剣で、細かい作業にも熱心でていねいに取り組み、素晴らしい仕上がりとなっていました。

4月29日(日):『春寄せ植え~多肉植物を組み合わせて楽しみましょう~』

今回の寄せ植えは、肉厚の葉に水を蓄えている多肉植物が材料でした。鉢もカフェオレボール型の素焼き鉢を使用しました。用土は炭を加工したハイドロカルチャー用土で、脱臭効果があります。
講師は、毎回お世話になっている鶴ヶ峰一丁目の花屋アプレミディを経営されている関本富美代さん。
半袖姿もたくさん見られるような初夏の陽気の中、皆さん説明をしっかりと聴いて、多肉植物に対する理解を深めながら、真剣に寄せ植えを楽しんでいらっしゃいました。

4月15日(日):『春のわくわくウォーク~市沢の石仏とたちばなの丘公園~』

清清しい晴天の下、旭区ボランティアガイドの斎藤さん・山田さんのとても分かりやすいガイドで、3時間に渡る春のウォークを十分に楽しむことができました。
身近な場所の隠れたようなところに、けっこういろいろの石塔や史跡があることに驚き、周りに注目して歩き回り新たな発見をすることの大事さに、改めて気付かされました。
また、ちょっと脇に入れば、豊かな自然がたくさん残っていることにもびっくりし、たくさんの草花や樹木の美しさに触れ親しむことができました。
館内に、活動の一部(玄関靴箱上)とこの日出逢った綺麗な植物(研修室前ギャラリー)の写真を掲示してありますので、どうぞ併せてご覧ください。
協賛してくださった保土ケ谷区青少年指導員協議会と旭区ガイドボランティアの皆さんには、たいへんお世話になりました。どうもありがとうございました。

平成23年度の自主事業の報告

11月6日(日)、13日(日):『パソコンでカレンダー作りに挑戦』

 2週にわたってのパソコン講座、参加者が5名と残念だったのですが、各回3時間の講座を皆さん熱心に受講され、とても有意義な時間となったようです。パソコンほどがや宿から佐野三郎さんを講師に迎え、2名のサポーターの方にも加わってもらい、マンツーマンに近い形でご指導いただき、参加された皆さんにはとても分かりやすく受講することができたようです。カレンダー作りに伴い、基礎的なパソコン操作もたくさん学習でき、「『目からウロコ…。』のようです。」という声も聞かれました。詳しい資料に加え、パワーポイントを使っての懇切丁寧な指導で、皆さんしっかりと技術を身に付けることできたようでよかったです。暮れにはきっとお手製のカレンダーが、いろいろな場所に飾られていることと思います。パソコンほどがや宿の皆さん、どうもありがとうございました。

11月3日(木):『寄せ植え・秋から冬へ~お花と素敵なひとときを』

 すっかりお馴染みとなった「春と秋の寄せ植え」、当コミュニティでの人気は高く、40名の募集もすぐに埋まってしまいます。お断りした皆さんには、申し訳なく思っております。
 今回も、いつもご指導いただいている鶴ヶ峰アプレミディの関本富美代さんを講師に迎えて行いました。初めて使うドーナツ型の器に寄せ植えされた見本を見て、参加者の皆さんは、「わぁ、すてき!」と、やる気満々。会場の研修室のテーブル上には、可愛らしい花が種類も多く盛りだくさん。色合い・配置などを考えて、選ぶのに時間がかかりましたが、ドーナツ型なので、並べるのは意外と簡単。皆さん、とても楽しそうに作業を進められ、満足したにこやかな表情で、作品をお持ち帰りになりました。

10月の自主事業の報告

10月29日(土):『人形劇と歌あそび~ももたろう他』

 くぬぎ台を中心とした地元の人形劇団「夢ふれんど」の皆さんによる、くぬぎ台小学校コミュニティハウスおなじみの自主事業です。今回も、コミュニティハウスの研修室を中心に練習を重ねてきた成果を発揮して、可愛らしい人形たちが繰り出す楽しい歌あそびと、昔話で有名な「ももたろう」を演じていただきました。小さいお子様連れのご家族が多く参加され、幼児・小学生・お母さん・ご年配の方々合計23名の皆様に、お楽しみいただきました。
 夢ふれんど8名の出演者の皆様、本当にありがとうございました。また、2月25日(土)の2回目も、どうぞよろしくお願い致します。

10月9日(日):『地域めぐりウォーク~名木を訪ね、もみじの白根公園を歩く』

 今回も、川島原地区青少年指導員協議会との協賛で行い、ほどがやふるさとガイドの会のご協力で実施することができました。夜中の雨には驚かされたものの、さわやかな秋空の下、気持ちよくウォークに出発することができました。旭区西川島にある名木タブノキから禅導庵跡・御嶽神社・七曲り綿貫地蔵庚申塔を経て、閑静なたたずまいを見せる田原橋公園へ。さらに、平成9年3月に完成した帷子川分水路を眺めながら、水分補給の休憩タイム。そこから、猪子山を眺め、猪の親子・大蛇の話を聞いて、いよいよ白根公園へ。白根不動尊・蛇塚・行者の瀧・白滝龍神・万葉の歌碑・白糸の滝と回りながら、イロハモミジの細やかな葉に目を奪われました。その後、鬢手洗池跡・鶴ヶ峰坂・鶴舞橋を通って帷子川親水緑道へ。2時間半にわたるウォークにも皆さん元気で歩き通され、怪我も無く無事に終了しお楽しみいただくことができました。ガイドをしていただいた斎藤さん・金井さん、お付き添いくださった青少年指導員の皆様、大変ありがとうございました。

7~9月の自主事業の報告

7月10日(日):『七夕コンサート~マンドリンとギターの調べ』

 サフィニア・ヨコハマ(本多和美、佐々秀子、富田京子、岸岡真弓、吉澤雅子、以上5名の方々)によるマンドリンとギターの調べ。開催は、午後2時からという昼間の大変暑い中での演奏でしたが、とても爽やかなマンドリンとギターの調べで、わたしたちを魅了してくださいました。皆さんで歌える曲もご用意いただき、前半で「夏は来ぬ」「みかんの花咲く丘」、後半で「牧場の朝」「故郷」と合計4曲をお楽しみいただきました。
 
 〇 参加者:50名
 〇 当日のプログラムは、次の通りでした。
    1.パリ祭
    2.愛燦燦
    3.イムジン河
    4.オーソレミオ
    5.また君に恋してる
    6.夏の思い出
     ~みんなで歌いましょう~
      夏は来ぬ・みかんの花咲く丘
    7.エストレリータ
    8.アメージンググレイス
    9.浜辺のうた
   10.真珠とりのうた
   11.アリベテルチロマーチ
   12.コンドルは飛んでいく
     ~みんなで歌いましょう~
      牧場の朝・故郷
 昨年は、「お月見コンサート」として9月にご出演いただいたサフィニア・ヨコハマの皆さんです。今年は、「七夕コンサート」として曲目も一新してご準備いただき、素晴らしい演奏をお届けくださいました。マンドリンとギターの音色を楽しみ、皆さんで声を揃えて歌い、とても素敵な雰囲気のコンサートとなりました。コミュニティを後にされるときの表情が、とても満ち足りた豊かなものになっており、主催者側もとても嬉しくなりました。
サフィニア・ヨコハマの皆さん、どうもありがとうございました。

8月28日(日):『トールペイントを楽しもう』

今回の講師は、我がコミュニティスタッフの大戸井幸さん。材料を買い揃えたり、購入した材料に下準備をしたりと、たくさんの時間をかけて迎えた当日でした。35名の参加者が、5~6名のグループに分かれて作業に取り組みました。説明を良く聞いて、皆さん慎重に熱心に協力し合いながら作業を進め、ハート型の素敵なバックチャームを仕上げてとても満足そうでした。大事そうにビニル袋にしまったり、早速マイバッグに取り付けたりして、嬉しそうにお帰りになりました。大戸井さんご苦労様でした。助手の河原淳子さんありがとうございました。

9月5日(月):『紙芝居一座えかたりーべ口演~保土ヶ谷の昔話し』

今回は、くぬぎ台小学校はまっ子ふれあいスクールとの共催で開催いたしました。お迎えした「ほどがや」えかたリーベの皆さんは、保土ヶ谷区に伝わる民話の紙芝居作りと実演に取り組んでいらっしゃるグループです。4本の紙芝居の合間に、なぞなぞコーナーを設けて子どもたちを楽しませ、一生懸命に紙芝居を演じていらっしゃる様子には、次の世代を担う子どもたちに保土ヶ谷区の民話を伝承していくために頑張る姿勢が良く現れていました。えかたリーベの皆様、どうもありがとうございました。そして、新作を楽しみに、来年度もどうぞよろしくお願い致します。

9月11日(日):『お月見コンサート~フルート・デュオの調べ』

 小泉理沙さん・小泉靖香さん姉妹による美しいフルートの調べ。お二人とも保土ヶ谷区に在住で、区内・市内の各イベントで演奏活動を展開されており、昨年度の「七夕コンサート」に続いての出演です。午後2時からの1時間半の20曲を超える演奏も、フルートの美しい響きに耳を傾けている間にあっという間の時間でした。
「皆さんで歌いましょう」のコーナーでは、秋メドレーとして3曲をご用意いただき、「もみじ」「まっかな秋」「赤とんぼ」を皆さんで歌い、会場の雰囲気もいっそう和やかなものとなりました。
 
 〇 参加者:43名
 〇 当日のプログラムは、次の通りでした。
    1.おぼろ月夜
    2.浜辺の歌
    3.夏の思い出
    4.上を向いて歩こう
    5.アメージンググレイス
    6.千の風になって
    7.私のお気に入り~サウンドミュージックより~
    8.モーツァルト フルート協奏曲第2番D-dur第一
      楽章
    ・・・・・・・  休   憩  ・・・・・・・
    9.TAKUMI 匠
   10.渡る世間は鬼ばかり
   11.小さな旅
   12.いつか王子様が
   13.秋メドレー ~皆さんで歌いましょう~
        もみじ  赤とんぼ  まっかな秋
   14.少年時代
   15.仮面舞踏会
   16.カルメン
   17.涙そうそう
   18.パッヘルベルのカノン
   19.川の流れのように
      
 今年は、「お月見コンサート」として曲目も一新してご準備いただき、お二人のトークと合わせて素晴らしい演奏をお届けくださいました。フルートの美しい音色を楽しみ、皆さんで気持ちを揃えて歌い、とても和やかで素敵な雰囲気のコンサートとなりました。
小泉理沙さん、小泉靖香さん、そして一緒にご協力いただいたお母さんの小泉恵美さん、どうもありがとうございました。

平成22年度10月の自主事業の紹介・報告

10月10日(日):『旧川嶋村昔ばなしの地』めぐり

 川島原地区青少年指導協議会との協賛で、ほどがやふるさとガイドの会の協力により行われます。
 〇 コース
  ・くぬぎ台小学校コミュニティハウス(集合)→おしゃもじさま→川島町公園(トイレ)→ほどがや元気村→帷子川分水路→弁天塚→猪子山→相鉄西谷駅(解散)
 〇 日時
  ・10月10日(日) 雨天延期の場合、10月24日(日)
   集合:午前9時、解散:12時ごろ
 〇 持ち物
  ・汗拭きタオル・ちり紙・水筒・雨具・甘味(飴等)
  ・履きなれた靴、ゆったりした服でご参加下さい。
 
 ※ 前日からの雨で開催が危ぶまれましたが、出発時にはほとんど雨も上がりそうな気象情報もあり、決行いたしました。
  コミュニティハウスに集合いただき、挨拶の後「真っ二つにされた大蛇の話」の紙芝居を見て、二班に分かれて出発しました。途中少しぱらつきはありましたが、お昼近くには日も照りだし暑いぐらいになりました。
  足元が心配でしたが、無事終了できてよかったです。ご協力いただいた川島原地区青少年指導員協議会、ほどがやふるさとガイドの会の皆様方、本当にありがとうございました。

10月23日(土):『人形劇と歌あそびの会』

 くぬぎ台小学校コミュニティハウス利用団体でもある「夢ふれんど」の皆さんによる、人形劇と歌あそびの会です。
 〇 日時
  ・10月23日(土)10時~10時45分
 〇 内容
  ・人形劇「しょじょじのたぬき」
  ・歌あそびを3曲ほどの予定 
 〇 申し込みは、9月25日(土)より。先着30名様。
 ※ オープニングで、可愛らしいネズミや子どもたちの人形が登場して歌あそびを紹介。どんどん増えるネズミの数に、子どもたちは大喜び。人形劇「しょじょじのたぬき」は、背景や飾りがとてもきれいで、観客の皆さんもじぃっと見入りながら楽しんでいました。最後に「しょじょじの狸囃」の歌をみんなで歌って盛り上がりました。西川島保育園からも7名の園児と先生が参加し、楽しみました。夢ふれんどの皆さん、素敵な人形劇をありがとうございました。

red11月・12月の自主事業の紹介・報告

11月7日(日)「秋の寄せ植え~お花と素敵なひとときを~」

 秋も深まるこの時期は、変わり咲きのパンジーやビオラなど、明るく可愛い花々で、色合い豊かな寄せ植え作りをお楽しみください。
 〇 午前10時半~12時頃まで
 〇 講師:関本富美代さん
 〇 材料費 参加者負担 一人1,000円
 〇 受付は、10月17日(木)より、先着40名様
※ 40名に達し、受付申込終了いたしました。
40名の参加で終了し、皆さん喜んでお持ち帰りになりました。
 皆さん講師の関本さんの説明を真剣に聴き、花苗を選んで、手際よく作業を進め、1時間弱で寄せ植えを完成していました。出来上がった作品を眺め、皆さんとても満足そうな表情でした。また、重たい鉢も苦にすることなく、嬉しそうにお持ち帰りになりました。

11月13日(土)「地域めぐりウォーク:歴史の道、旧相州道を歩く」

 〇 集合・解散 集合9時:コミュニティハウス
         解散12時:二俣川駅
 〇 コース
   コミュニティハウス→三反田稲荷神社→西岸寺→六十六部供養地蔵→座頭ころばし→神奈川坂神明社→宮沢学舎跡→本村神明社→三仏寺→二俣川駅
 〇 協賛:川島原地区青少年指導員協議会
 〇 ガイド協力:ほどがやふるさとガイドの会
 〇 受付は、10月20日(水)より、先着30名様
ほどよいお天気の下、歴史の道旧相州道を、20名の参加者の皆さん元気に歩き、無事終了いたしました。
 くぬぎ台コミュニティハウスにお集まりいただいた皆さんは、ほどがやふるさとガイドの会のメンバーでもある本館の篠崎スタッフより、資料をもらいこのコースの説明を受け、元気に出発されました。3時間弱のコースを、皆さん資料片手にガイドの説明をしっかりと聞きながら、歴史の道「旧相州道」に親しみ元気に歩き通されました。川島原地区青少年指導員協議会・ほどがやふるさとガイドの会の皆さん方、ご協力ありがとうございました。

 

12月11日(土):「クリスマスコンサート~5色の音色を楽しもう~」

 アンサンブル・アルフェッカの5名のメンバーによる木管五重奏をお楽しみいただきます。フルート・オーボエ・クラリネット・ファゴット・ホルンの音色を、クリスマスソングメドレーやディズニーメドレーなどで味わってください。クイズコーナーもご用意いただいています。
 〇 午後2時~3時半
 〇 参加費 無料
 〇 申し込み受付は、11月17日(水)より、先着50名様
 〇 アンサンブル・アルフェッカの紹介
   保土ヶ谷コミュニティオーケストラの管楽器奏者を中心に平成13年に創立された木管五重奏団です。「楽しいアンサンブル」をモットーに、幼稚園・保育園など地域の演奏会、金管アンサンブルとのジョイントライブなど、地域に密着した演奏活動を行っていらっしゃいます。
   メンバーは、フルートが山崎章子さん、オーボエが山崎崇さん、クラリネットが喜多見達夫さん、ファゴットが荒井正明さん、ホルンが大澤和弘さんです。どうぞお楽しみに。
くぬぎ台団地子ども会からの30名の参加と併せ合計63名の皆様においでいただき、とても和やかで楽しいクリスマスコンサートになりました。
 前半では、「クリスマスソング・メドレー」や「日本の歌メドレー」などをお楽しみいただきました。後半は、クイズコーナーから始まり、アルフェッカの皆さんの軽妙な進行に加えプレゼントもあり、大いに盛り上がりました。一緒に歌いましょうでは、「ジングルベル」「崖の上のポニョ」「千の風になって」を皆さんで口ずさみ、最後に「ディズニーメドレー」をお楽しみいただきました。
 アルフェッカのメンバーの皆様、楽しい演奏をありがとうございました。

12月19日(日):「ハンドメイドでお正月リース作り~手作りのお飾りで新年を迎えましょう~」

 〇 午前10時半~12時頃まで
 〇 講師:関本富美代さん
 〇 材料費 参加者負担 一人1,000円
 〇 受付は、11月21日(日)より、先着30名様
40名の参加で終了し、皆さん出来上がったお正月飾りをとても嬉しそうにお持ち帰りになりました。
 講師は、鶴ヶ峰1丁目で花屋アプレミディを経営されている関本富美代さん。皆さん説明を真剣に聴き、選んだ材料を上手に配置し、同じテーブルの方と力を合わせ手際よく作業を進め、1時間前後で綺麗なお正月飾りを完成していました。出来上がった作品を眺め、皆さんとても嬉しそうな表情でした。お帰りのときも、「とても楽しかったわ。」と、オリジナルの素敵なお飾りを大事そうにお持ち帰りになりました。関本さんを始め、助手を務めていただいた
清水さん・中村さん・大戸井さん、ありがとうございました。 
 
 1月は、自主事業の予定はありません。

red2月・3月の自主事業の案内・報告

''2月26日(土)「人形劇と歌あそび~『3匹のこぶた』ほか

 とても好評だった10月の「しょじょじのたぬき」に続いての「夢ふれんど」の皆さんの出演です。とても可愛らしい人形たちが登場する、人形劇と歌あそびをどうぞお楽しみください。
 〇 午前10時30分~11時15分頃まで
 〇 劇団:夢ふれんど
 〇 参加費:無料
 〇 受付は、1月29日(土)より、先着30名様
 
※ 24名の皆さんにご参加いただきました。今回は、おじいさまとお孫さん、おばあさまとお孫さん、親子で、お友達通しの親子でという参加のご様子でした。

「三匹の子ぶた」に加え、「おむすびころりん」の人形劇、「10ぴきの野ネズミ」「オニのパンツ」「大寒、小寒」の歌あそびをご披露いただきました。会場は、ほのぼのと温かい雰囲気に包まれ、皆さんゆっくりと楽しまれていました。「夢ふれんど」の皆様、大変ありがとうございました。

3月21日(月)春分の日「西谷中ギター部:さくらコンサート」

 西谷中学校ギター部の皆さんに出演していただきます。共に練習を重ね頑張ってきたギター部の皆さんの美しいギターの音色がコミュニティハウス研修室に響きます。どうぞご期待ください。
 〇 午前11時~12時
 〇 会場:コミュニティハウス研修室1
 〇 受付は、2月20日(日)より、先着50名様

※ 残念ながら、市教育委員会よりこのたびの東北太平洋沖地震のため部活動停止措置が取られたため、中止とさせていただきました。またの機会を設けたいと思っております。

 
 受付は、電話・FAX(371-7611)又は窓口で、受付時間は10時から20時まで(火曜日・金曜日は、休館です。)
   詳しくは、自主事業のお知らせのコーナーをご覧下さい。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional